苦しくない胃カメラ

胃カメラは苦しい…とよく言われます。なぜ、胃カメラは苦しいのでしょうか? 胃カメラが苦しい理由は、「咽頭反射(いんとうはんしゃ)」にあります。のどの奥に物があたると、「おえっ!」となる神経反射が咽頭反射です。
口から入れる胃カメラ(経口内視鏡)は、常にカメラがのどにあたるため、この咽頭反射がどうしても起きてしまいます。
そこで、当クリニックでは、細経、極細経のカメラを使用して苦痛の軽減を図っています。またさらに「苦しくない」検査を目指して鼻から入れる胃カメラ(経鼻内視鏡)を行っています。 経鼻内視鏡では、カメラが舌の付け根に触れずにのどを通過するため、「咽頭反射」がない検査が可能となります。検査をしながら、話をすることもできます。 当クリニックでは、鼻から入れる胃カメラ(経鼻内視鏡)の検査を行っています。ご希望の方は、メールや電話にてお問合せください。

最先端の内視鏡設備

患者様の負担軽減のため

より細く、よりしなやかに

5ミリ程度の極細内視鏡により、今まで以上にスムーズな検査を提供します。

より鮮明に、わかりやすく

最新の機器を導入しています。画面が圧倒的に明るくクリアなため、小さな病変の発見も可能です。